DIYでドライテック施工!持ち運び可能!

DIYでドライテック施工!持ち運び可能!

DIYでドライテックを少量施工したい...

ドライテックを打ちたいけど近くに配達してくれるプラントがない...。

そんなお悩みを一気に解決する袋入りのドライテックが販売開始です!

お家で、現場で手練りして使用することができます

ドライテック袋入り

袋入りドライテック使用方法

ドライテック
まずは、水を入れていきます。
ドライテック
その後にドライテックの素をいれていきます。
ドライテック

最初は固く混ぜにくいですが、適切な量の水を入れていれば画像のようにしっかりと粘り気が出てきます。

ここで水を入れすぎると目詰まりの原因になります。

 

ドライテック
練り終わったら、ドライテック用の骨材と混ぜていきます!
ドライテック

鍬やスコップを使い、均等に材料が馴染むように混ぜていきます。

混ぜ終わったら少し押してみて、目詰まりが起こらないか確認します。

ドライテック

後は通常のドライテックと同じように施工していきます!

最後に

袋入りのドライテックで是非diyをしてみてください!

ご不明点あればアートグラベルまで是非お問い合わせ下さい!

最終更新日: